tukuyoのメモ書き_φ(・_・

がんばるぞ( `ー´)ノ

スポンサーリンク

無料でGitHubにプライベートリポジトリを作る。

スポンサーリンク

* 追記 2019/01/9

プライベートリポジトリが無料で利用できるようになりました。 www.itmedia.co.jp ですが、以下の手順を行うことでProプランにすることができるハズです。


大学など(ac.jp)のメールアドレスを持っている方限定です。
※ちなみにac.jpじゃなくてもGitHubが学校として記録しているアドレスであれば申請可能なようです。


GitHubのアカウント

アカウント 無

アカウントを持っていない人は以下の項目の前に学校のメールアドレスでアカウントを作成しておく必要があります。

アカウント 有

アカウントを持っている人は、学校のメールアドレスで登録されていることを確認してください。
もし登録されていなければ、追加でメールアドレスを登録しておいてください。

申請方法

早速以下のサイトにアクセスし登録していく。

education.github.com 以下のようなページが表示されるので、
右上にある Join the GitHub Educationをクリックする。 f:id:tukuyoinfo:20181020211154p:plain


すると申請する画面が出てくる。申請に必要なものをそこに記述・選択していく。

  • Which best describes you? (職業)

    • Student 学生
    • Teacher 先生
    • Researcher 研究者
    • Administrator/staff 管理者/スタッフ
    • Other その他
  • What kind of GitHub account are you using for education? (アカウントの種類)

    • Individual account 個人
    • Organization account 団体

適宜選択してNextを押して次の項目へ 次の項目は、個人情報の項目です。

  • Name 名前
  • What e-mail address do you use for school? メールアドレス
  • Graduation year 卒業年度
  • How do you plan to use GitHub? GitHubを使う理由

GitHubにログインしていれば 名前とメールアドレスが表示されていると思います。 (ただしメールアドレスは、学校のもの) メールアドレスによって学術状態の証明を求められる場合がありますが、学生証の裏表をiPhoneなどで撮影して一枚の画像にしてアップロードするといいと思います。

この項目で一番ややこしいのが理由を英語で書かなければいけないということです。

結果から言うと、Google翻訳で適当に使いたい理由さえ記述していれば申請は通ると思います。
私は、以下のような感じのことを書きました。 ~~~ 私は、〇〇大学の〇〇研究室に所属しており、研究でリポジトリを持ちたいが公開されてはまずいのでこのプランを使用させてほしい ~~~




申請から二、三日後にメールが来て二年間分のクーポンが追加されたよ!!と言うようなことが書いてありました。

スポンサーリンク