tukuyoのメモ書き_φ(・_・

がんばるぞ( `ー´)ノ

スポンサーリンク

#2 Playerを動かして弾を発射できるようにしよう【Unity】【チュートリアル】

スポンサーリンク

動かすためにスクリプトを書いていこう

動かすためにスクリプトを書いていく前に,スクリプトを保存するフォルダーを作ろう.
Projectビューから,Create→Folderをクリックして名前はScriptsに設定しよう.

それができれば,Scriptsフォルダの中で,Projectビューから,Create→C# Scriptをクリックして名前はPlayerで作成しよう!!
作成できたら作成したPlayerスクリプトをダブルクリックして,以下の内容を貼り付けよう!

using System;
using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class Player : MonoBehaviour
{
    void Update()
    {
        // Player 移動
        if(Input.GetKey(KeyCode.DownArrow))
        {
            // z軸方向(後ろ)に移動
            this.transform.Translate (0.0f, 0.0f, -10.0f * Time.deltaTime);
        }
        else if(Input.GetKey(KeyCode.UpArrow))
        {
            // z軸方向(前)に移動
            this.transform.Translate (0.0f, 0.0f, 10.0f * Time.deltaTime);
        }
        if(Input.GetKey(KeyCode.LeftArrow))
        {
            // y軸左方向に回転
            this.transform.Rotate(0.0f,-50.0f* Time.deltaTime,0.0f);
        }
        else if(Input.GetKey(KeyCode.RightArrow))
        {
            // y軸右方向に回転
            this.transform.Rotate(0.0f,50.0f* Time.deltaTime,0.0f);
        }
    }
}

*{}の書き方はC#の書き方に従っているのでC++とかやってた人はすこし違和感があるかもしれません.僕もあります.

貼り付けて保存できたら,一度Unity上で実行してみよう
実行できたら,矢印キーを使ってPlayerを動かせるでしょうか? 動かせていたら成功です.自由に白い床の上を動かしてみましょう

もし動かせない場合は,一度Gameビューをクリックしてから矢印キーを押してみましょう.

Playerから玉を飛ばせるようにしよう

HierarchyビューからCreate → Create Emptyをクリックして名前をmuzzleに設定.
muzzleをPlayerにドラッグしてPlayerの中に入っていることを確認する.
muzzleの位置は以下のように設定する. muzlleは発射位置なのでPlayerと位置がかぶっていたらあまり良くない.
f:id:tukuyoinfo:20190507165334p:plain:w300

次は,飛ばす為の弾を作ろう.
HierarchyビューからCreate → 3D object → Sphere をクリックし名前はbulletに設定. Scaleは,すこし小さめのx,y,zすべて0.5に設定しよう.
bulletは飛ばしたいので重力などいろいろ計算してくれるRigidbodyを付ける必要がある.
bulletのInspectorから,一番下のAdd Componentを押し検索窓からRigidbodyを検索,もしくはPhysics→Rigidbodyを選択する.
色も白色なので#1で作成したようにbulletという名前のMaterialを作成し黒い色にする. そして,設定できたら,Prefab化をしておきたいのでHierarchyビューからbulletのオブジェクトをProjectビューにドラッグする.Prefab化ができたらHierarchyビューにあるbulletは削除しておく.

設定できたら,Playerスクリプトを以下のように変更.

using System;
using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class Player : MonoBehaviour
{
    // 弾丸
    [SerializeField]
    private GameObject bullet;
    // 銃口
    [SerializeField]
    private GameObject muzzle;
    // 発射する強さ
    [SerializeField]
    private float speed = 1000;



    // Start is called before the first frame update
    void Start()
    {
        // インスペクターで設定されてなければ探し取り込む
        if(!bullet){
            bullet = GameObject.Find("bullet");
        }
        if(!muzzle){
            muzzle = GameObject.Find("Muzzle");
        }
    }

    // Update is called once per frame
    void Update()
    {
        // Player 移動
        if(Input.GetKey(KeyCode.DownArrow)){
            this.transform.Translate (0.0f, 0.0f, -10.0f * Time.deltaTime);
        }
        else if(Input.GetKey(KeyCode.UpArrow)){
            this.transform.Translate (0.0f, 0.0f, 10.0f * Time.deltaTime);
        }
        if(Input.GetKey(KeyCode.LeftArrow)){
            this.transform.Rotate(0.0f,-50.0f* Time.deltaTime,0.0f);
        }
        else if(Input.GetKey(KeyCode.RightArrow)){
            this.transform.Rotate(0.0f,50.0f* Time.deltaTime,0.0f);
        }

        // 弾丸の発射
        if (Input.GetKeyDown(KeyCode.Space)){
            // 弾丸の複製
            GameObject bullets = Instantiate(bullet);
 
            Vector3 force;
 
            force = this.gameObject.transform.forward * speed;
 
            // Rigidbodyに力を加えて発射
            bullets.GetComponent<Rigidbody>().AddForce(force);
 
            // 弾丸の位置を調整
            bullets.transform.position = muzzle.transform.position;
        }
    }
}

変更するとUnityの方でPlayerオブジェクトのInspectorビューに以下のような箇所が追加されている.
f:id:tukuyoinfo:20190507172015p:plain
bulletは先程prefab化した,bullet prefabをドラッグ, muzzleは,Playerオブジェクトの下にあるmuzzleをドラッグする. speedは,弾を発射する時の速さである.

設定したら実行してみよう.

[f:id:tukuyoinfo:20190507172728g:plain:e300]

弾が消えない問題をなんとかしよう

実行して玉を打った人は気づくと思う,bulletめっちゃ生成されてることに.
bulletにも床から落ちたら消滅するスクリプトいるということに...じゃあ停止してスクリプト作りましょう.
ProjectウィンドウのScriptsフォルダでCreate → C# Scriptをクリックしてbulletという名前のファイルを作成しよう.
作成したファイルをbulletのprefabに貼り付けよう.
貼り付け方は,ProjectウィンドウのPrefabフォルダのbulletをダブルクリックもしくは,InspectorビューのOpen Prefabをクリック. いつもと同じように,Scriptsフォルダのbullet.csをドラッグするとつけられる.
Hierarchyビューがbulletだけになるが一番上の"<"のようなボタンを押すことで戻れる.

スクリプトbulletを以下のように編集しよう.

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class bullet : MonoBehaviour
{    
    void Update()
    {
        // bullet が床から落ちれば消滅させる
        if(this.transform.position.y < -1) {
            Destroy(this.gameObject);
        }
    }
}

スクリプトが保存できたら,床のギリギリまで行って玉を打ってみよう.
落ちた弾はすぐ消えることが確認できると思います.

f:id:tukuyoinfo:20190507174116g:plain

以上

2は以上で終わりです.わからない関数などは各自で調べてみてください.

スポンサーリンク